消費者金融に申し込む際の注意事項

消費者金融に嘘を申告しない

消費者金融に申し込みをするということは、お金に困っている方がほとんどでしょう。ですから、何としても審査をクリアしてお金を借りたいはずです。しかし、だからと言って審査時に嘘の申告をしてはいけません。例えば、勤務先の勤続年数や年収の金額なども嘘はいけません。

審査の時に嘘を申告しても、大抵は消費者金融にばれます。もし、嘘の申告をしたということがばれてしまったら、その時点で審査を終了されて契約を結ぶことができない可能性があるのです。そうなってしまっては元も子もありません。

一度に多数の消費者金融に申し込みをしない

もしかしたらA社の審査に落ちるかもしれないから、同時にB社とC社にも申し込みをする、またはA社の審査に落ちたからB社とC社にも申し込みをするといったように、同時に複数の消費者金融に申し込みをする事はよくありません。

同時に複数の消費者金融に申し込みをすると、一気に借りられるだけのお金を借りて飛ぶのではないかという風に警戒されかねないからです。ですから、消費者金融に申し込みをする際には、嘘偽りなく、きちんと丁寧に一社ずつ申し込みをすることが重要です。

審査の準備をしておく

申し込み時の状況によりますが、おそらく多くの方はできるだけ早く審査をクリアしてお金を手にしたいはずです。それであれば、消費者金融の審査に必要となる情報や書類などは事前に準備してから申し込む方がスムーズに審査が進められます。