消費者金融のブラックリストから抜け出すには

消費者金融のブラックリストとは

消費者金融の審査に通らなかった場合に、ブラックリストに載っているからという表現を用いる事があります。厳密にはブラックリストというものは存在していません。正しくは個人個人の信用情報に、過去の情報が載っており、それを加味して消費者金融が審査をして、審査OKとなるかNGとなるかが決まるのです。

ブラックリストに載る理由

いわゆるブラックリストになる理由は様々ですが、もっともオーソドックスなのは、消費者金融からお金を借りてきちんと返済できなかったパターンです。返済日を少し遅れても、きちんと連絡を入れて対応するなどしていればまだなんとかなるかもしれませんが、連絡も取れないまま長期にわたって滞納したりするとブラックリストになります。

また、消費者金融以外でも例えばクレジットカードの支払や各種ローン、携帯電話の分割料金などとにかくお金の支払が滞ったりすると、その情報が信用情報機関に登録されます。するとそれを消費者金融が審査時に見て、この人は返済能力がないと判断されて審査が通過できないという事になるのです。あとは任意整理や自己破産などを行った場合も、やはり同様に返済能力のない人とみなされます。

ブラックリストを消すには

一度ブラックリストになってしまうと、内容にもよりますが5年から長くて10年の間は情報が残りますので、その間は消費者金融はもちろんクレジットカードの契約やローンを組むことがかなり難しくなります。